『ATMからお金を下ろす』は貧乏人がやること??

ATMからお金を下ろす

どうも。20代 「投資童貞」ブログです。

このブログを始めてから「投資」「お金」に関してとても

敏感になりました。

今日は「お金」について書こうと思います。

ふとニュースキュレーションで「ATM」でお金をおろす人は

貧乏人?かもという記事を見ました!

私もやはりATMでお金をおろしがちです。

なのでなぜそうなのか?を調べました。

『ATMでお金を下ろす』は貧乏人がやること??

貧乏人 投資 ATM

ATMはコンビニや駅にあらゆるところに設置しているので、簡単に『お金』をおろせる

環境にあるかと思います。

なのでとても利便性は高いですが、

なぜ貧乏人がやることだとだと思われがちなのでしょうか?

おそらく傾向的に「必要そうな金額だけ」「ちょこちょこおろす」人が多いからでしょうか!

こういう人は、

「財布に入っている金額分使ってしまう」

「財布を落とす可能性があるから少額」

があるのではないかと思います。

「財布に入っている金額分使ってしまう」人は結局、手元のお金は使ってもいいという発想があるので、お金のコントロールができていない。

なのでお金を管理できていない。

「財布を落とす可能性があるから少額」人は、心理的に防御的な人なので

貯金はできるかも知れないが、何かに「先行投資」するという人は少ないのではないかと思います。

まあATMを使うから貧乏人ではなく、ATMを使う頻度の高い人は貧乏人である確立が高いということでしょうか?

お金コントロール管理するってことが大事ですね。





2017年5月時点における管理人の総資産割合と資産の推移。5月の「仮想通貨全体の爆上げ」により資産が200万から2900万に急増。14.5倍になりました。




2017年後半以降について、ビットコインやリップルはこれ以上極端な上昇は見込めないので、フュージョンコインに資金を移動。チャートの上昇を待っています。

[`google_buzz` not found]