ローソク足ってなんだ?「投資初心者向け」

ローソク足ってなんだ?「投資初心者向け」

投資を継続的に行っていく中で、重要になってくるのが

「株式の売買するタイミング」です。

買う時よりも売る時の方が難しいと言われています。

ではどうすればいいのか。ここで一つの方法として出てくるのが

「チャート」です。このチャートを読み解くのが重要となります。

をはかるためには、チャートを読み解く力が必要です。

そしてそのチャートを読み解く基本的なものに「ローソク足」と

いうものがあります。

ローソク足の基本を学んでいきましょう。

ローソク足とは?

ローソク足とは、

決められた一定の期間の中で「始値」「高値)「安値」「終値」の

4本の値段を基本として作成されたグラフ

のことです。

そのグラフ1本1本を連続させ表示させたものをチャートといっています。

このグラフ一本一本を理解することでチャート全体も理解できるように

なっていきます。

主にローソク足には5種類あります。

  • 分足

  • 日足

  • 週足

  • 月足

  • 年足

となっています。見てわかるように「分」から「年」までその数値の推移を表しているのです。

投資期間、例えば短期的投資、長期的投資に分けてみることができます。

このローソク足で「株価の値動きクセ」が見れるようになります。

始値より終値の方が高いときのローソク足を「陽線(ようせん)」

始値より終値の方が安いときのローソク足を「陰線(いんせん)」

と表しています。まずはこれを覚える程度でいいかなと思います。

次回は実際のチャートからローソク足を見ていきながら

株価の推移をみていければと思ってます。

20代投資家、投資初心者の方

参考にしてください。





2017年5月時点における管理人の総資産割合と資産の推移。5月の「仮想通貨全体の爆上げ」により資産が200万から2900万に急増。14.5倍になりました。




2017年後半以降について、ビットコインやリップルはこれ以上極端な上昇は見込めないので、フュージョンコインに資金を移動。チャートの上昇を待っています。

[`google_buzz` not found]