年収と手取りの違い

どうも。

年収と手取りの違い

年収と手取りの違い

この間ふいに年収って額面の事をいっているのか?それとも手取り額のことを

いっているのか?という疑問が頭をよぎりました。

「年収1000万」と「手取り1000万」とでは貰う額も全然違うかなと

思います。ということで今回は年収と手取りの違いについて調べます。

年収とは?

そもそも年収とは「手取りの合算の額」ではないようです。

社会保険料・源泉所得税、その他の控除(住民税とかですね)が引かれる

前の会社から支給される「総支給額」を年間で合算した額となるそうです。

なので実際の自分の講座に振り込まれてくる金額とは大きくことなります。

手取りとは?

社会人になるまではあまり「手取り」という言葉も耳にしませんでした。

「手取り」とは一般的に、給与支給額+交通費費-(社会保険+所得税+住民税)

の額を手取りでいうようですね。

ようは「手取=年収」というわけではないようですね…!

ちょっと前までは年収がの額面がすべてその人に入っているという認識でいましたね…

お恥ずかしい。

せっかくなので目安を…

この年収と手取りの違いが分かったのでどのくらい年収があれば

手取りで貰えるのかを調べてみました。

※もちろん個人差はあるかと思いますが

年収(額面収入)   手取額(所得)

 700万円       500万円

 800万円       570万円

 900万円       640万円

   1000万円       700万円

 1100万円       770万円

 1200万円       830万円

 1500万円       1000万円

となるようですね。

手取りで1000万を得るには年収で1500万も貰わないといけないのですね…

こりゃ大変ですね(笑)

この金額感をみてしまうといろいろと引かれるのは

やぱりいやだなーと思ってしまっちゃいますね…(笑)

まあその分稼げばいい話ですが。

20代投資家、投資初心者の方

参考にしてください。

それでは





2017年5月時点における管理人の総資産割合と資産の推移。5月の「仮想通貨全体の爆上げ」により資産が200万から2900万に急増。14.5倍になりました。




2017年後半以降について、ビットコインやリップルはこれ以上極端な上昇は見込めないので、フュージョンコインに資金を移動。チャートの上昇を待っています。

[`google_buzz` not found]