貧乏と金持ちの心理的体質の違い

電車で…

どうも。

最近電車の中でスーツ姿の若い人たちを見ます。

まあいわゆる就活生ですね。

もうそんな時期かと思います。今の就活生は就活シーズンが

変更されて色々と準備やりなんやり大変ですね。

特にインターンをやってました!って人多くなりましたよね。

私の時はインターンっていう言葉が少し出てきたぐらいだったのに…。

就活生の皆さん頑張ってください。

貧乏と金持ちの心理的体質の違い

投資初心者

貧乏の人と、金持ちの人って考え方もそうだけど

体質(心理)的にそもそも違いがあるのではと思ったのでこの話題。

とある話によると一番の大きな違い、

「貧乏体質」と「金持ち体質」の大きな違いが、「罪悪感」

と言われいます。

傾向的にどうなのか見ていきましょう!

貧乏人体質の人は

自己評価の低さと罪悪感の強さが混ざり合っていまると言われいます。

自分が楽をすると相手に悪いなあとちょっと最悪感を感じたり、

相手が困っているとついその人のために頑張ってしまうとか。(いいことですけど)

こういう人達は要は心が他者に縛られて自分の意思がなくなってしまっているとのこと。

だから許可を得ないと何もできないと思ってしまっています……。

そういう人にお金はなかなか入らないと。

金持ち体質の人は

一方で金持ち体質の人は、自己肯定感がとても高い傾向があるそうです。

自分の目標や欲求がはっきり設定されているので、

それに向かってためらうことなく行動できる傾向にあるとのこと。

さらに自分自身を信じているので、確実に自分に利益をもたらすものを定めて、

それにしか投資を行わないとのこと。ただかむしゃらに投資をしているわけではないと。

そんな明確な「自分基準」のスタンスが選択眼のレベルをアップさせているので、

自然とお金が手に入ってくるようです。

どうでしたのでしょうか?

ただたんに投資をするのではなく「自分基準」を持つことも大切ですね。

ちょっと私は貧乏体質なところもあるので「自分で決断し行動する」習慣

つけなければ…(笑)

それでは





2017年5月時点における管理人の総資産割合と資産の推移。5月の「仮想通貨全体の爆上げ」により資産が200万から2900万に急増。14.5倍になりました。




2017年後半以降について、ビットコインやリップルはこれ以上極端な上昇は見込めないので、フュージョンコインに資金を移動。チャートの上昇を待っています。

[`google_buzz` not found]