「株主優待券調査」 ANAホールディングス【9202】

久しぶり…

本日は久しぶりの「株主優待調査シリーズ」です

先日「月曜からよ○かし」という番組であの桐谷さんが

でていましたね。久しぶりに見ました。優待券に追われすぎて

癒しを求めているとか…。(笑)

むしろそこまで優待券に追われてみたいですよ。

「株主優待券調査」 ANAホールディングス【9202】

「株主優待券調査」 ANAホールディングス 

今回の「株主優待券調査」シリーズはANAホールディングスさんです。

ANAホールディングスは連結子会社64・持分法適用会社18社・合計82社

(2015年3月現在)から構成されているようです。

また大きいですね…!

優待情報

☆内容1

●1,000株以上 株主優待番号ご案内書 1枚

●4,000株以上 株主優待番号ご案内書 4枚(以下2,000株ごとに1枚増)

●10,000株以上 株主優待番号ご案内書 7枚(以下4,000株ごとに1枚増)

●100万株以上 株主優待番号ご案内書 254枚(以下8,000株ごとに1枚増)

※国内営業路線片道1区間を割引運賃で利用可
※16年6月1日以降の搭乗分から、一部の便で販売座席数に制限有

☆内容2

●1,000株以上 自社グループ優待券1冊

※1冊に以下(1)~(6)の優待券
(1)IHG ANA ホテルズグループジャパン

宿泊(ベストフレキシブル料金の20%割引)6枚、飲食(5~10%割引)5枚、婚礼(10%割引)1枚、会議・一般宴会(15%割引)3枚
※一部適用除外ホテル有
(2)「ハローツアー」・「スカイホリデー」・「ANAワンダーアース」7%割引券各2枚
(3)空港売店(「ANA FESTA」他)10%割引券5枚
(4)自社指定商品の優待価格販売
(5)ゴルフ場(「武蔵の杜カントリークラブ」)ビジター料金割引券4枚
(6)ゴルフ場(「早来カントリー倶楽部」)ビジター料金割引券3枚

となっております。

ちょっと情報量が多くて困惑しそうですが…

なんかもうてんこ盛りですね。

情報

・権利確定月  3月 9月

・優待利回り   ⁻

・最低限優待貰うために必要な投資額 310,000円  ※2016年4月時点

こちらは1,000株からの購入となっています。

…優待の254枚ってなんだよって思いませんか(笑)

すげーなーと思います。普通の個人投資家ではさすがに無理ですね…。

でも自社グループの優待券があると自然と旅行に行きたくなりますね。

旅行好きの意図にはたまらない優待券もしれませんね。

20代投資家、投資初心者の方

参考にしてみてください。

それでは





2017年5月時点における管理人の総資産割合と資産の推移。5月の「仮想通貨全体の爆上げ」により資産が200万から2900万に急増。14.5倍になりました。




2017年後半以降について、ビットコインやリップルはこれ以上極端な上昇は見込めないので、フュージョンコインに資金を移動。チャートの上昇を待っています。

[`google_buzz` not found]